定点報告疾病(週報告分) 統計情報・発生状況マップ

病原体検出状況 統計情報

集計表・グラフで見る

定点報告疾病(月報告分) 統計情報

全数報告疾病 統計情報

週報2020年第12週 過去のお知らせを見る

インフルエンザ定点あたりの患者数が0.81となり、非流行期(インフルエンザ定点あたりの患者数が1未満)になりました。例年と比較して1か月程度早い流行の終了です。
病原体検出状況は、流行開始時期から1月末にかけてインフルエンザA型(A(H1N1)pdm09亜型)の検出が多く、それ以降はインフルエンザB型(ビクトリア系統)の検出が多くありました。
また、感染性胃腸炎の定点あたりの患者数も1.77人と例年と比較して非常に少ない状況です。
減少した要因の1つとして、新型コロナウイルス感染症の予防啓発による手洗いの徹底や咳エチケット、学校の臨時休業などで感染源、感染経路が減っていることも考えられます。
引き続き、個人では流水・石鹸によるこまめな手洗いの励行、咳が出ているときの咳エチケット、施設などではこまめな換気や人がよく触れるドアノブなどの消毒を実施することで感染症の予防対策に努めましょう。

リンク定点報告疾病(週報告分)の情報を見るリンク全数報告疾病の情報を見るリンク病原体発生状況の情報を見る

【緊急のお知らせ】中華人民共和国湖北省武漢市における原因不明肺炎の発生について
新着公開情報
感染症サーベイランス 説明
疾病名 定点あたりの
報告数
前週比 前年度比 注意報・警報
神戸モデル・早期探知地域連携システム(令和2年4月2日の状況)

※土日祝日は原則、翌出勤日にまとめて掲載しています。
 なお、都合上マップに反映されるまでに時間がかかることがあります。

※ このマップは市内の施設や学校・園からの報告を平均したものです。全ての施設 からの報告ではないため、区・地区での経時的な感染症発生の傾向を把握することは できますが、正確に把握できるものではありません。 また、過去の情報を知りたい場合は、マップ右上の「もっと詳細な情報を見る」をク リックして下さい。

インフルエンザによる学級閉鎖状況(令和2年4月5日の状況) 地図で情報を見る
閉鎖種別 東灘区 灘区 中央区 兵庫区 北区 長田区 須磨区 垂水区 西区
学級閉鎖(学級数) 0 0 0 0 0 0 0 0 0
学年閉鎖(学年数) 0 0 0 0 0 0 0 0 0
学校閉鎖(学校数) 0 0 0 0 0 0 0 0 0